EDでもセックスを諦めない!

EDでもセックスを諦めない!

いい方向へ考えよう

男性にとって勃起不全(ED)は恐ろしい病気。
時間がたつほど「もう治らないのかも」と絶望感を感じてしまう方もいます。
しかし、諦めてしまうとそこでおしまい。性欲すらも捨ててしまう前にED治療薬にチャレンジして、セックスを楽しみたくないですか?

もちろん根治するのには時間がかかりますが、一時の性行為ならば薬の力を借りて男としての自信を取り戻しましょう。
この記事では、ED薬の仕組みについて紹介していきます。

EDの治療には時間がかかる

EDを治療するのであれば、長い時間をかける必要があります。
まれに「飲み続けるだけで治るのでは?」と勘違いしている人がいますが、ED薬は勃起のサポートをするので服用しただけでは治りません。

いきなり治そうと思って薬だけに頼ってもなかなか治らないのがED。
心因性からくるストレスなのか、高血圧による生活習慣病が原因なのかは人それぞれです。
EDを根本的に治療をするには、ストレスや生活習慣病など日々の生活を見直しをしながら治療薬を服用しましょう。

薬を飲んで勃起できる仕組み

「なぜ薬を使用すれば勃起するのか?」医学的視点から気になる方は、薬の仕組みをチェック。

勃起不全治療薬は、勃起をサポートするために作られたお薬です。
服用した後、一時的に身体の血流を良くし性器に血を集まりやすくして、勃たせる手助けをしてくれます。
効いている間は、いつでも勃てるようにしているだけなので性的な興奮と何かしらの刺激が必要不可欠。

一時の性行為が成功した後もゆっくりとセックスの回数を増やしていき、勃起する感覚を身体に覚えさせるのも治療への第一歩です。

治療薬を活用して、EDと向き合いながら治療に励んでいきましょう!